北の”ジョーク”か…金英哲氏、韓国取材陣に「天安沈没事件の”主犯”と呼ばれる者です」と自己紹介

北の”ジョーク”か…金英哲氏、韓国取材陣に「天安沈没事件の”主犯”と呼ばれる者です」と自己紹介

北の”ジョーク”か…金英哲氏、韓国取材陣に「天安沈没事件の”主犯”と呼ばれる者です」と自己紹介

北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)労働党中央委員会副委員長は2日、韓国芸術団の前日(1日)の平壌公演で、韓国側の取材陣が会場内へ入場できなかったことについて謝罪する過程で、自身を「韓国で、天安沈没事件の”主犯”と呼ばれている者です」と自己紹介したことがわかった。

金副委員長はこの日、韓国の取材陣が滞在している平壌高麗ホテルを訪れ、取材陣と記者懇談会をおこなった。

この席で金副委員長は「南側(韓国)で、天安沈没事件の”主犯”と呼ばれている人物、それが私、金英哲です」と口を開いたという。

自身をこのように”紹介”した後、「韓国記者の皆さんを北朝鮮に招待したのは、本当に自由に取材活動をおこない、リラックスして撮影もして、そのように全ておもてなししてこそ、意味がある」とした上で、「取材活動を制限し、自由に撮影できなかった点について、それは私たちのミスです」と明かし、謝罪した。

関連記事(外部サイト)