朴槿恵前大統領の判決公判、被告不在で開始

朴槿恵前大統領の判決公判、被告不在で開始

憲政史上初めて弾劾された朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する1審の判決公判が始まった。

憲政史上初めて弾劾された朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する1審の判決公判が始まった。昨年4月17日、裁判に移されてから354日ぶりだ。

ソウル中央地裁は6日午後2時10分、朴前大統領を対象に判決公判を開始した。

同日、裁判部は朴前大統領に適用された容疑に対する有罪・無罪と、その理由を説明する予定だ。有罪である場合、被告人の責任がどこまでなのかと理由についても明らかにする。その後、関連法条項と量刑理由を説明する。

裁判部は約2時間、これら手続きを経た後、同日午後4時ごろ、主文を朗読して、朴前大統領の量刑を言い渡す予定だ。

関連記事(外部サイト)