朴槿恵元大統領への懲役24年判決…「不足」47.8%・「過大」28.9%・「適正」11.3%=韓国

朴槿恵元大統領への懲役24年判決…「不足」47.8%・「過大」28.9%・「適正」11.3%=韓国

朴槿恵元大統領への懲役24年判決…「不足」47.8%・「過大」28.9%・「適正」11.3%=韓国

韓国の朴槿恵(パク・クネ)元大統領に対する一審判決が懲役24年・罰金180億ウォン(約18億円)であることに関連し、韓国国民の10人に5人が刑量が不足していると認識する反面、10人に3人は行き過ぎていると評価した。

世論調査専門機関リアルメーターが去る6日に調査し、9日発表した資料によると、朴被告の一審判決の結果に「不足している」との認識(無期29.3%、30年18.5%)が半数近くの47.8%、「行き過ぎ」との認識(無罪14.8%、20年8.1%、20年以下6.0%)が28.9%と集計された。「適正だ」との認識(20年以上29年以下)は11.3%にとどまった。

細部的には「無期懲役」が29.3%で最も高かった。続けて「検察の求刑どおり30年」(18.5%)、「無罪」(14.8%)、「20年以上29年以下」(11.3%)、「崔順実(チェ・スンシル)被告同様20年」(8.1%)、「崔順実被告より短い20年未満」(6.0%)の順となった。

関連記事(外部サイト)