金正恩氏、習近平国家主席に「米国が体制保証すれば核放棄」=日本メディア

金正恩氏、習近平国家主席に「米国が体制保証すれば核放棄」=日本メディア

金正恩氏、習近平国家主席に「米国が体制保証すれば核放棄」=日本メディア

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国の習近平国家主席に会い「米国が確実に北朝鮮の体制を保証するのであれば、核を放棄することができる」との意思を明かしたと、日本メディアが9日報道した。

メディアは中朝首脳会談の内容を知る外交関係筋の言葉を引用し、金委員長が習首席に「米国が我々の体制を確実に保証し、核放棄に伴う全面的な補償を受けることができるならば、核を完全に放棄することができる」と述べたと伝えた。また、米国と国交を正常化し、平壌(ピョンヤン)に米国大使館を開設する考えも示したということだ。

中朝首脳会談終了後、中国外務省は「正恩氏が要求する非核化には段階的で同時並行的な措置が必要だ」と述べた。これに関連しメディアは北朝鮮が確実な体制保証、制裁の解除、大規模な経済支援などが同時並行的でなく先に提供されることを求めている姿勢が明確になったと解釈した。

関連記事(外部サイト)