“元秘書性的暴行疑惑”元大統領候補の安氏、裁判へ=研究所職員への性的暴行は証拠不十分

“元秘書性的暴行疑惑”元大統領候補の安氏、裁判へ=研究所職員への性的暴行は証拠不十分

元秘書へ持続的に性的暴行をはたらいた疑いをもたれている安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事が法の判断を受けることになった。

元秘書へ持続的に性的暴行をはたらいた疑いをもたれている安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事が法の判断を受けることになった。ただし、シンクタンク研究所の女性職員を性的暴行の疑いについてはひとまず疑いを晴らした。

ソウル西部地検女性児童犯罪調査部は11日、非監督者姦淫・業務上威力などによるセクハラ・強制わいせつ容疑で安熙正前知事を在宅起訴したと明らかにした。

ただし、検察は「より良い民主主義研究所」職員A氏に性的暴行をはたらき、強制的に醜行した疑いについては「証拠不十分」との処分を下し、不起訴処分とした。

関連記事(外部サイト)