北朝鮮住民の10人に4人が飢餓に苦しむ…食料不足段階=RFA

北朝鮮住民の10人に4人が飢餓に苦しむ…食料不足段階=RFA

北朝鮮住民の10人に4人が飢餓に苦しむ…食料不足段階=RFA

北朝鮮住民の半数に近い1050万人が昨年、飢謹に苦しめられたと推算される。米国・自由アジア放送(RFA)が11日(現地時間)、報道した。

RFAはUN傘下の食料農業機構(FAO)と世界食料計画(WFP)が最近、合同で発表した「2018世界食料危機報告書」を引用し、「北朝鮮住民の10人に4人が食糧難に陥った」と明らかにした。

報告書は既に食糧難が蔓延した北朝鮮が深刻な日照りと洪水などの自然災害で食糧生産性が落ち、住民の食生活が改善せずにいると分析した。

また、北朝鮮は「外部の食糧援助が必要な危機国」に分類された37ヶ国に含まれた。含まれた国家の大部分はアフリカ国家であり、アジア国家ではパキスタンと北朝鮮のみだった。

関連記事(外部サイト)