スイスのベルセ大統領、米朝首脳会談の開催地として「提案可能」

スイスのベルセ大統領、米朝首脳会談の開催地として「提案可能」

スイスのベルセ大統領、米朝首脳会談の開催地として「提案可能」

スイスのベルセ大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長とトランプ大統領の首脳会談を自国(スイス)で開催する案を提示した。

日韓の複数メディアによると、来日中のベルセ大統領は12日、安倍首相との会談後、記者会見で「スイスは、これまでも対立する国家間の首脳会談などで開催地になったことがある」とし、「今後、動向を見守りながら米朝首脳会談をスイスで開催するよう提案する用意がある」と述べた。

ベルセ大統領は特に、今回の米朝首脳会談の展望について「2か月前までは、このような会談が開かれる可能性さえなかった」とした上で、「非常に良い方向に展開している」と言及。

また、ベルセ大統領は来る27日に板門店(パンムンジョム)で開かれる文大統領と金国務委員長の首脳会談についても「歓迎する」との立場を明かした。

関連記事(外部サイト)