“違法政治資金”疑惑の正義党院内代表が投身自殺…遺書も発見=韓国

“違法政治資金”疑惑の正義党院内代表が投身自殺…遺書も発見=韓国

違法政治資金の授受疑惑を受ける、韓国・正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)院内代表(61)が23日午前、ソウル中区(チュング)のマンションから飛び降りた。

違法政治資金の授受疑惑を受ける、韓国・正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)院内代表(61)が23日午前、ソウル中区(チュング)のマンションから飛び降りた。

ソウル中部警察署はこの日午前9時38分ごろ、魯議員が新堂洞(シンダンドン)所在のマンションから身を投げ、死亡しているのが発見されたと明らかにした。

該当マンションの17階からは魯議員の名刺と「ドルイドキング(与党関係者がインターネットで世論操作をおこなった事件)関連で金銭を受け取った事実はあるが、請託内容はない」「家族に申し訳ない」という趣旨の遺書が発見された。

関連記事(外部サイト)