韓国でも8月猛暑が続く…気象庁が8月〜10月の展望発表

韓国でも8月猛暑が続く…気象庁が8月〜10月の展望発表

韓国でも猛暑持続の可能性

韓国でも8月猛暑が続く…気象庁が8月〜10月の展望発表

韓国でも8月猛暑が続く…気象庁が8月〜10月の展望発表

韓国気象庁は23日、8月〜10月の気象展望を発表し、猛暑が持続する可能性を強調した。韓国気象庁によると、8月は北太平洋高気圧の影響で7月中旬から始まっている猛暑が続く。

8月の韓国の平年気温は24.6〜25.6度だ。気象庁は今年8月の気温が平年を上回る可能性が40%水準と見通しており、対策の工夫を強調した。9月には朝鮮半島全域が北太平洋高気圧の端に入り、次第に移動性高気圧の影響を受けて気温の変動性が大きく、一時低温現象が現れる可能性が高い。10月も月の平均気温は平年と同様か高いと見据えた。

気象庁の関係者は「気候予測上、こうした展望を出したが、さまざまな気候要因によって変動する場合があり、鋭意注視し気象情報を確認してほしい」と促した。

関連記事(外部サイト)