南北、離散家族再会行事に向け参加候補者家族の生存確認結果を交換

南北、離散家族再会行事に向け参加候補者家族の生存確認結果を交換

南北、離散家族再会行事に向け参加候補者家族の生存確認結果を交換

韓国と北朝鮮は25日、来月20〜26日に北朝鮮・金剛山でおこなわれる離散家族再会行事の参加候補者家族の生存確認結果を記した回答書を交換した。

韓国統一部の関係者によると、南北はこの日午前11時、板門店(パンムンジョム)での赤十字社接触を通して回答書を交換した。参加候補者は韓国側が250人、北朝鮮側が200人だ。

大韓赤十字社は生死確認結果を検討後、参加候補者に伝達し、直系家族を優先に100人を選抜する予定だ。北朝鮮側も回答書を確認し、最終リストを確定する。そして来月4日、各100人ずつの対象者リストを交換することになる。

関連記事(外部サイト)