日本海上で韓国漁船が沈没、「韓国人は全員救助」=韓国政府

日本の海上で韓国漁船クムヤン号がトンヨン号と衝突し沈没 "韓国人は全員救助"と発表

記事まとめ

  • 北海道の南東約430キロの海上でクムヤン号がトンヨン号と衝突し、クムヤン号が沈没
  • 沈没した漁船に乗船していた韓国人の乗組員7人が無事に救助されたことがわかった
  • 現在行方不明となっている外国人3人についても捜索、救助作業に全力を尽くすとした

日本海上で韓国漁船が沈没、「韓国人は全員救助」=韓国政府

日本海上で韓国漁船が沈没、「韓国人は全員救助」=韓国政府

日本海上で韓国漁船が沈没、「韓国人は全員救助」=韓国政府

日本の海上で発生した韓国漁船沈没事故で、35人が救助され3人が行方不明となっていた中、沈没した漁船に乗船していた韓国人の乗組員7人が無事に救助されたことがわかった。

韓国外交部(外務省に相当)によると26日午前6時17分ごろ、海洋警察庁は北海道の南東約430キロの海上で101クムヤン号が803トンヨン号と衝突。この衝撃で、101クムヤン号が沈没する事故が発生したとの知らせを受信したという。

該当船舶には、韓国人7人を含む計38人が乗船していた。

外交部は、救助作業を通して韓国人7人を含む35人を救助し、残る3人の捜索作業を進めていると明かした。また、救助された韓国人の船員7人について「全員、健康状態は良好」と確認した。

なお、現在行方不明となっている外国人3人についても関係機関を通して捜索、救助作業に全力を尽くすとしている。

関連記事(外部サイト)