民和協、来月6日に東京で南北合同記者会見=強制徴用者の遺骨送還問題

民和協、来月6日に東京で南北合同記者会見=強制徴用者の遺骨送還問題

民和協、来月6日に東京で南北合同記者会見=強制徴用者の遺骨送還問題(提供:news1)

民族和解協力汎国民協議会(民和協)は日本植民地時代の強制徴用犠牲者の遺骨送還問題と関連し、来月6日、日本で南北合同記者会見を開催する予定だと27日、明らかにした。

今回の記者会見は去る18日、南北民和協が遺骨送還へ向けた共同推進委員会構成に合意したことによる後続措置だ。

先立ってキム・ホンゴル代表常任議長は去る16日から19日まで訪朝し、北朝鮮側のキム・ヨンデ民族和解協議会議長兼最高人民会議常任委員会副委員長と遺骨奉還へ向けた共同推進委の構成に合意した。

6日午後2時、東京で開かれる今回の記者会見は民和協と在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)、在日本大韓民国民団(民団)などと合同で行われる予定だとわかった。

記者会見に先立ち、民和協側は3日、もしくは4日に日本入りし、朝鮮総連や民団と遺骨送還へ向けた具体的な事業推進の方向を話し合う予定だ。

関連記事(外部サイト)