米国務省「北朝鮮、米兵遺骨送還に金銭の要求なかった」

米国務省「北朝鮮、米兵遺骨送還に金銭の要求なかった」

米国務省「北朝鮮、米兵遺骨送還に金銭の要求なかった」(提供:news1)

米国国務省は29日(現地時間)先週行われた北朝鮮の米兵遺骨送還と関連し、北朝鮮が金銭を要求しておらず、金銭のやり取りもなかったと明らかにした。

米国務省のヘザー・ナウアート報道官はCNNとのインタビューでこのように明かしたと、スプートニク通信などが伝えた。

朝鮮戦争で戦死した米兵の遺骨はトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が6.12シンガポール首脳会談で合意した事案。去る27日に米兵の遺骨55柱が米軍輸送機で北朝鮮・元山から韓国・米空軍烏山基地へ到着し、ここで遺骨確認手続きを踏んだ後、8月1日に米軍はハワイで公式遺骨送還行事を開催する計画だ。

米国は1990年から2005年まで629柱と推定される遺骨を受け取る過程で、北朝鮮に費用を支給したとされる中、米政府が、今回北朝鮮が金銭を要求しなかったと公式確認したものだ。

関連記事(外部サイト)