4.27南北首脳会談から100日、文大統領のメッセージに注目集まる

4.27南北首脳会談から100日、文大統領のメッセージに注目集まる

4.27南北首脳会談から100日、文大統領のメッセージに注目集まる

4.27南北首脳会談から100日目を翌日に控えた3日、公式的な夏季休暇の最終日を過ごす文在寅(ムン・ジェイン)大統領がどのようなメッセージを出すのか、注目が集まる。

大統領府(青瓦台)でも同件と関連し、評価資料などを準備していることがわかった。

以前のどの時点よりも世界の注目が集まり、また文大統領も力を入れた4.27南北首脳会談を大統領自身がどのように回顧するかがポイントとなる。

また、南北首脳会談で約束された「秋、平壌(ピョンヤン)での南北首脳会談」に関する言及もあるのか、関心が集中している。これについて大統領府は「決定事項はない」との立場を明かしたものの、完全に否定することもなく、可能性は開かれている状態だ。

関連記事(外部サイト)