韓国政府、ラオスのダム事故救護隊第二陣を派遣へ

韓国政府、ラオスのダム事故救護隊第二陣を派遣へ

韓国政府、ラオスのダム事故救護隊第二陣を派遣へ(提供:news1)

韓国外国部はラオスのダム事故被害支援のため、韓国海外緊急救護隊(KDRT)第二陣が7日午前10時40分に出発する予定だと6日、明らかにした。

関係当局は医療チームおよび支援チームの人力で構成された救護隊員19人の派遣のために外交部や保健福祉部、韓国国際協力団(KOICA)、国立中央医療院、韓国国際保健医療財団の関係者らが出席したなか出征式を開催する予定だ。

外交部によると救護隊第二陣にはラオス政府側の要請を受け、コレラなど水因性の感染病管理のため、疫学調査官や水質汚染防止に向けた防疫専門家なども含まれた。

これに先立って先月29日に派遣された救護隊第一陣は被害地域の病院や診療所にて内科や耳鼻咽喉科、産婦人科などの疾患を患っている200人あまりの住民を対象に診療や手術などの医療活動を展開している。

関連記事(外部サイト)