北の”石炭運搬疑惑”船舶、浦項に停泊中=VOA

北の”石炭運搬疑惑”船舶、浦項に停泊中=VOA

北の”石炭運搬疑惑”船舶、浦項に停泊中=VOA

北朝鮮産の石炭を運搬したとの疑惑がもたれる船舶が再び、韓国に停泊していることがわかった。米国の声(VOA)放送が去る6日(日本時間)、報道した。

VOAが船舶の位置情報を表示する「MarineTraffic」を引用し報道したところによると、先ごろ北朝鮮産の石炭を積み韓国に入港したとの指摘を受けた第3国の船舶「Jin Long号」が、日本時間(韓国同じ)4日午前9時24分、浦項(ポハン)に入港し、7日現在まで停泊していると伝えた。この船舶は、ロシア・ナホトカ港を出発したものとみられる。

一方、国連安全保障理事会は昨年12月に採択した決議2397号を通して、違法行為や、不法品目を運搬したとの合理的な根拠がある船舶について、会員国が抑留や検査、資産凍結などの措置をとる必要があると明示している。

関連記事(外部サイト)