金正恩氏、塩辛工場を視察=「人民の評価に耳を傾けなければ」

金正恩氏、塩辛工場を視察=「人民の評価に耳を傾けなければ」

金正恩氏、塩辛工場を視察=「人民の評価に耳を傾けなければ」(提供:news1)

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が李雪主(リ・ソルジュ)夫人と共に、黄海南道の金山浦塩辛加工工場を視察したと朝鮮中央通信が8日、報道した。

金委員長は工場で約30種類の塩辛試作品を完成し、7種類の塩辛製品数百トンを生産したという報道を受けて、「これまで多くの仕事をした」と褒め称えた。

また、「研究開発事業や工場管理運営で提起される科学技術的な問題を解決し、企業戦略、経営戦略をすぐに立て直し、先進技術を積極的に探求導入するよう」呼びかけた。

金委員長はさらに「黄海水産資源を最大限活用し、複数の魚種で塩辛製品を特色あるものにし、販売しなければならない」とし、特に「人民の評価に耳を傾けて、製品の質的な発展のための着想をしていかなければならない」と消費者の要求を重視するよう指示した。

今回の視察には崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長をはじめ、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏、趙勇元(チョ・ヨンウォン)氏ら党幹部、キム・チャンソン国務委員会部長が同行した。

関連記事(外部サイト)