南北、9日に鉄道共同研究調査団2回目の会議を開催

南北、9日に鉄道共同研究調査団2回目の会議を開催

南北、9日に鉄道共同研究調査団2回目の会議を開催(提供:news1)

南北は9日、鉄道協力と関連し、共同研究調査団の2回目の会議を韓国・京畿道・坡州(パジュ)市の南北出入事務所で開催すると8日、韓国統一部が明らかにした。

今回の会議は先月24日、京義線の鉄道連結区間の共同点検後の1回目の会議が開かれてから約2週間ぶりに開かれるものだ。

韓国側からは国土交通部の黄晟圭(ファン・ソンギュ)鉄道局長を代表に6人の議員が出席し、北朝鮮側からは鉄道省の金昌植(キム・チャンシク)副局長を代表に6人の議員が会議に出席する。

今回の会議で南北は、今月末から行われる予定の京義線・東海線の鉄道現地共同調査の日程や方式を議論する予定だ。

関連記事(外部サイト)