文大統領の支持率、58%で就任後最低を記録=韓国

韓国の文在寅大統領の支持率、就任後最低の58% 経済・民生問題で不満の声目立つ

記事まとめ

  • 韓国ギャラップの世論調査によると、文在寅大統領の支持率が前週より2%落ち58%だった
  • 初めて50%台に落ち込み、理由は「経済・民生問題が十分解決されていない」が最多の40%
  • 「最低賃金の引き上げ」(10%)、「対北関係・親北傾向」(8%)なども挙がっている

文大統領の支持率、58%で就任後最低を記録=韓国

文大統領の支持率、58%で就任後最低を記録=韓国

文大統領の支持率、58%で就任後最低を記録=韓国

韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が前週に比べわずかに下落し、50%後半台を記録した。

世論調査専門機関・韓国ギャラップは10日、全国の成人1003人に実施した調査で、58%が肯定的に評価したと明らかにした。これは前週より2%落ちた数値だ。

これは、同会社の調査において、3週連続で就任後最低を記録し、初めて50%台に落ち込んだ。支持しない理由としては、「経済・民生問題が十分解決されていない」(40%)、「最低賃金の引き上げ」(10%)、「対北関係・親北傾向」(8%)などが挙がっている。

関連記事(外部サイト)