“Me Too 1号判決”秘書への性的暴行容疑の元忠南知事に無罪判決=韓国

“Me Too 1号判決”秘書への性的暴行容疑の元忠南知事に無罪判決=韓国

“Me Too 1号判決”秘書への性的暴行容疑の元忠南知事に無罪判決=韓国

“秘書への性的暴行”容疑で裁判に移され、し烈な攻防を展開してきた安熙正(アン・ヒジョン)元忠南(チュンナム)知事(53)に一審で無罪が言い渡された。

ソウル西部地検刑事合意11部は14日午前、被監督者姦淫・業務上威力などによる醜行・強制わいせつ容疑で起訴された安被告に無罪を宣告した。

安元知事は昨年7月29日から今年2月25日まで自身の随行秘書であり政務秘書であったキム・ジウンさん(33)に対し、4度に渡って性的暴行をはたらいた容疑で起訴された。また、キムさんに5回のみだらな行為、1回の業務上威力を利用した醜行容疑も受けた。

裁判部は「(性犯罪事件の)唯一の証拠は被害者の陳述で、被害者の感受性も考慮しなければならない」としながらも、「被害者の陳述で納得のいかない部分や疑問点が多い。被害者が心理的に凍りつく解離状態に陥ったと見るのも難しい」と伝えた。続けて「検察の公訴事実の後押しが不足している」としながら、「現在の性暴行犯罪処罰体系下ではこういうものだけで犯罪だとは見られない」と説明した。

この日の宣告期日には被害者キムさんも出席し、安元知事の一審判決を見守った。

関連記事(外部サイト)