“金総書記時代の軍実力者”金永春元人民武力部長、死去=北朝鮮

“金総書記時代の軍実力者”金永春元人民武力部長、死去=北朝鮮

“金総書記時代の軍実力者”金永春元人民武力部長、死去=北朝鮮(提供:news1)

北朝鮮の朝鮮中央通信が17日、金永春(キム・ヨンチュン)元人民武力部長が死去したと報じた。金氏は故金正日(キム・ジョンイル)総書記時代を代表する軍部の実力者とされる人物だ。

中央通信はこの日、「人民武力省総顧問である朝鮮人民軍元帥・金永春同志が急性心筋梗塞で2018年8月16日3時10分、82歳で惜しまれつつ逝去した」と伝えた。

また金氏について「革命武力の強化発展に大きく貢献した堅実な革命家」とし、「党中央委員会、国防委員会、軍隊の責任ある立場で事業する全期間、高い軍事的資質と指揮能力を持ち、党の軍事路線を貫徹し、社会主義祖国を守護するための闘争に積極的に寄与した」と評価した。

中央通信はまた、金氏の葬儀が国葬として執り行なわれると明かし、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を委員長とする国家葬儀委員会が設けられたと伝えた。

関連記事(外部サイト)