ソウル、朝の気温が21.7度に…連続熱帯夜が解消“夜間、秋の気候”=韓国

ソウル、朝の気温が21.7度に…連続熱帯夜が解消“夜間、秋の気候”=韓国

ソウル、朝の気温が21.7度に…連続熱帯夜が解消“夜間、秋の気候”=韓国

連日続いた“眠れない夜”が17日、ストップした。韓国気象庁は猛暑・熱帯夜が完全に解消されたわけではないが、週末まで爽やかな天候になると予想した。

17日午前8時基準、夜間のソウルの最低気温は21.7度で秋の気候に変わった。26日間連続で続いていた熱帯夜現象がおさまったかたちだ。

ソウルでは去る7月22日から今月16日まで26日連続の熱帯夜を記録。“最悪の猛暑”と言われた1994年、ソウルの連続熱帯夜記録(24日)も超えた。

気象庁は「韓国北側にある高気圧から冷たく乾燥した空気が流入したため」と説明した。だが、「19日以降、再び北太平洋高気圧の影響を受け、猛暑注意報レベルに気温が上昇し、熱帯夜になる場所がありそうだ」と述べた。

関連記事(外部サイト)