南北離散家族再会行事、韓国側地域での開催も計画=大韓赤十字社会長

南北離散家族再会行事、韓国側地域での開催も計画=大韓赤十字社会長

南北離散家族再会行事、韓国側地域での開催も計画=大韓赤十字社会長

パク・ギョンソ大韓赤十字社会長は21日、「離散家族再会を南側(韓国)地域でも開催する計画がある」と明かした。

第21回南北離散家族再会の韓国側団長として北朝鮮・金剛山に滞在中のパク会長はこの日、取材団に向けて「このためには予定されている南北首脳会談がとても重要だ」としてこのように述べた。

パク会長は「次の首脳会談でも板門店(パンムンジョム)宣言と同じ政治的メッセージが出てくると見ている」とし、「そうなると状況がいろいろと変化し、赤十字社もそうした変化に貢献したい」と話した。

また、今回の再会行事の北朝鮮団長であるパク・ヨンイル祖国平和統一委員会副委員長が前日の夕食会で「今回はとても素晴らしい出会いだ。成功だ。会長の福だ」と言及したことも紹介した。

パク会長はさらに「9月中に平壌(ピョンヤン)に行く方向で調整している。人道主義という赤十字社精神に立った協業プログラムを議論する」と伝えた。

関連記事(外部サイト)