大統領府、トランプ米大統領の米朝首脳会談言及に「実を結ぶ過程」=韓国

大統領府、トランプ米大統領の米朝首脳会談言及に「実を結ぶ過程」=韓国

大統領府、トランプ米大統領の米朝首脳会談言及に「実を結ぶ過程」=韓国

ドナルド・トランプ米大統領が20日(現地時間)、メディアインタビューで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と再び会う可能性が高いと言及したことに関連し、韓国大統領府は肯定的な立場を示した。

キム・ウィギョム報道官は21日午前の定例会見で「紆余曲折あったが、6月12日の米朝首脳会談で2首脳が明かした意思、非核化や朝鮮半島の平和に対する意思が実を結んでいく過程であると考える」と明らかにした。

南北首脳会談への影響に関する質問にキム報道官は「評価する位置ではない」としながら、「米朝関係が速い進展を見せ、良い実を結ぶことを期待している」と答えた。

また、「米朝関係の発展が南北関係の発展を促進し、南北関係の発展が米朝関係を導く好循環にならなければと考える」と改めて強調した。

関連記事(外部サイト)