韓国国防相、台風19号接近で将兵の安全・対民支援態勢を強調

韓国国防相、台風19号接近で将兵の安全・対民支援態勢を強調

韓国国防相、台風19号接近で将兵の安全・対民支援態勢を強調(提供:news1)

台風19号が朝鮮半島を横断すると予想される中、韓国のソン・ヨンム国防部長官が22日、将兵の安全を呼びかける一方で、対民支援態勢の維持を指示した。

国防部によるとソン長官はこの日、指揮官を中心に隙のない災難対備態勢を維持し、近隣地域で民間被害発生時、関連機関と協力して、直ちに復旧活動に乗り出すことができるよう準備することを指示した。

ソン長官は特に、将兵の安全が何より重要だと強調しながら、被害が発生した場合、必ず安全が確保された後に、復旧に乗り出すべきだという点も強調した。

関連記事(外部サイト)