行方不明・大規模停電など、韓国・済州島で台風被害

行方不明・大規模停電など、韓国・済州島で台風被害

行方不明・大規模停電など、韓国・済州島で台風被害

台風19号(SOULIC)の影響圏に入った韓国・済州島(チェジュド)では1人が行方不明となり、また台規模停電が発生するなど被害が続出した。

警察によると22日午後7時ごろ、パク某氏(23、ソウル)とイ某氏(31、済州)が写真を撮ろうと外出したところ、波にのまれたという。イさんは自力で脱出したが、パクさんの行方がわかっていない。

また、強風により4000世帯以上が停電。島民らに不安が広がっている。

済州空港には23日午前、台風警報が発令され、台風の北上に伴い済州はもちろん、その他の空港運営も不透明な状況。この日午前に予定された航空便の相当数が欠航を発表している。

関連記事(外部サイト)