トランプ氏、対北制裁に言及 「はやく撤回したいが、非核化が優先」

トランプ氏、対北制裁に言及 「はやく撤回したいが、非核化が優先」

トランプ氏、対北制裁に言及 「はやく撤回したいが、非核化が優先」(提供:news1)

米国のドナルド・トランプ大統領は対北制裁について「撤回するためには、北朝鮮の非核化が優先」との立場を改めて強調した。

トランプ大統領は去る21日(現地時間)、ウェストバージニア州チャールストンで開かれた集会で、「金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長と、とても良い関係を築いている」とする一方、「まだ制裁を撤回するわけにはいかない。我々は厳しい制裁を加えており、はやくこれを撤回したいが、彼らが核を破棄するのが先」として”制裁撤回のためには非核化”との強い意思を示した。

この演説でトランプ大統領は「短い時間の中で、我々は多くのことを成し遂げた」と自評し、「敵対的な雰囲気でスタートしたことを覚えているだろうか。北朝鮮は私の発言を積極的だと考え、私が戦争を起こすのでは考えていた」と説明。自身が金委員長を「リトルロケットマン」と揶揄した過去の事実を言及しながら、「金委員長を侮辱する発言であるため、(この席で)再び言うようなことはしない」とも語った。

関連記事(外部サイト)