フィリピン・セブ島で韓国人男性銃撃され死亡=韓国政府「徹底した捜査を要請」

フィリピン・セブ島で韓国人男性銃撃され死亡=韓国政府「徹底した捜査を要請」

フィリピン・セブ島で韓国人男性銃撃され死亡=韓国政府「徹底した捜査を要請」(提供:news1)

フィリピン・セブ島で韓国人男性1人が銃撃され死亡する事件が発生した。

韓国外交部は26日(現地時間)午後6時17分ごろ、セブ市のモーテル2階で20代の韓国人男性が銃撃され死亡する事件が発生したと27日、明らかにした。

フィリピン警察によると捜査当局は該当モーテルの警備員が事件を最初に通報した直後、目撃者を確保するなど捜査に着手した。

被害者は頭や胸、手など8発の銃弾を受けて現場で死亡しており、フィリピン当局はフィリピン人1人を有力な容疑者と特定し、迅速な検挙に総力を傾けていると外交部は伝えた。

駐セブ総領事館は事件認知直後、担当領事やコリアンデスクに派遣勤務中の韓国人警察官を事件現場に派遣し、フィリピン捜査当局と緊密に協力する一方、今回の事件に対する迅速かつ徹底した捜査を要請したと明らかにした。

外国は国内滞在中の被害者遺族に連絡、遺族の迅速なフィリピン入国及び国内への遺体の搬送の準備など必要な領事助力を提供した。

関連記事(外部サイト)