日朝”極秘接触”報道に韓国政府「関連動向を注視」

日朝”極秘接触”報道に韓国政府「関連動向を注視」

日朝”極秘接触”報道に韓国政府「関連動向を注視」

ことし7月、日本と北朝鮮が極秘で会談を実施したとの報道について、韓国外交部(外務省に相当)は29日、「現在まで、把握された事項はない」と明かした。

外交部当局者はこの日、「日朝秘密会談報道」に関して「韓国政府は、関連動向を注視している」としながら、このように明かした。

これを前に、米国メディアは去る28日(現地時間)、米国政府の高位関係者の言葉を引用し、金聖恵(キム・ソンヘ)北朝鮮統一戦線部統一戦線策略室長と北村滋 内閣情報官が先月、ベトナムで米国に知らせず秘密会談を設け、この事実に米国側が不快感を露わにしたと報じた。

なお、同報道について菅義偉 官房長官は、「コメントは控えたい」とし事実関係の確認を避けた。

関連記事(外部サイト)