高陽519ミリ・ソウル道峰489ミリ…首都圏2日間の豪雨で浸水被害相次ぐ=韓国

高陽519ミリ・ソウル道峰489ミリ…首都圏2日間の豪雨で浸水被害相次ぐ=韓国

高陽519ミリ・ソウル道峰489ミリ…首都圏2日間の豪雨で浸水被害相次ぐ=韓国

韓国・首都圏地域で2日間、豪雨となっている。ソウルと京畿(キョンギ)北部、仁川(インチョン)などに500ミリ前後の雨が降り、あちこちで浸水被害が発生した。

30日、韓国気象庁によると、去る28日からこの日午前4時までに京畿高陽市(コヤンシ)、徳陽区(トギャング)、舟橋洞(チュギョドン)一帯に519.0ミリの雨が降り、今回の首都圏豪雨で最も多い降水量を記録された。ソウルでは道峰区(トボング)に489.0ミリが降った。

気象庁は気圧の谷の影響でこの日は全国的に曇り時々雨となり、首都圏と江原道(カンウォンド)の雨は午後にはほぼ止むだろうと予想した。

関連記事(外部サイト)