韓国政府、イスラエル大統領「訪問拒絶報道」を否定… 「事実と異なる」

韓国政府、イスラエル大統領「訪問拒絶報道」を否定… 「事実と異なる」

韓国政府、イスラエル大統領「訪問拒絶報道」を否定… 「事実と異なる」

韓国政府は、イスラエルのルーベン・リブリン大統領が訪韓を打診したものの「(韓国)政府がこれを否定した」とする報道について、「事実と異なる」と釈明した。

トルコメディアは、イスラエルの報道を引用し「ルーベン・リブリン大統領の韓国公式訪問を打診したが、韓国政府がこれを拒絶した」と報じた。

拒否理由については具体的に明かしていないものの、韓国政府がイスラエル側の決定に失望したためとの分析が出ている。

これと関連し、韓国外交部(外務省に相当)は31日「韓国−イスラエル両国は、閣僚級交流を相互にとって都合のよい時期に推進するとの認識で一致し、関連協議を続けている」と明かした。

また「両者が日程を協議したものの、互いの日程が合わず、新たな時期を再度協議することになっている」と状況を説明している。

関連記事(外部サイト)