3次南北首脳会談プレスセンターとして「DDP契約」報道に、大統領府「事実ではない」

3次南北首脳会談プレスセンターとして「DDP契約」報道に、大統領府「事実ではない」

3次南北首脳会談プレスセンターとして「DDP契約」報道に、大統領府「事実ではない」

韓国大統領府(青瓦台)が、3次南北首脳会談を来る18〜20日に開催する案を北側に提案するとの一部メディア報道について否定した。

これを前に、ある韓国メディアは南北首脳会談に精通する政府関係者の言葉を引用し、「大統領府が、南北首脳会談が開かれる際、南側のメインプレスセンターなどを設置するため、18〜19日ソウル東大門デザインプラザ(DDP)と近隣ホテルをおさえている」と報じた。

同報道について、大統領府の関係者は4日、出入記者団に「首脳会談のためのプレスセンターを東大門デザインプラザに特定期間の契約をした、との報道は事実ではない」と否定。

この関係者は「(現在は)首脳会談の日程が確定しない状況であるため、日程が確定すればプレスセンターを貸し切る準備に入る」とし、「東大門デザインプラザは対象場所の一つであるが、会談日程に沿ってその他の場所にプレスセンターを設置できるように数か所について調べている」と説明した。

関連記事(外部サイト)