”兵役免除問題”で芸術・体育要員制度の検討、現時点では「なし」=韓国国防部・兵務庁

”兵役免除問題”で芸術・体育要員制度の検討、現時点では「なし」=韓国国防部・兵務庁

”兵役免除問題”で芸術・体育要員制度の検討、現時点では「なし」=韓国国防部・兵務庁

韓国国防部は3日、2018アジア大会によりサッカーや野球など金メダルを獲得した種目の選手らが、兵役免除を受けることと関連した問題について「現時点では、制度改正などは検討していない」との立場を明かした。

国防部はこの日、報道資料を通して「兵役義務を公平性と関連した兵務庁の原論的な立場として、芸術・体育要員制度と関連し現時点では検討していない」と伝えた。

これを前に大手韓国メディアは、キ・チャンス兵務庁長とのインタビュー内容を基に「兵務庁が、体育・兵術兵役特例を全体的に再検討する計画」と報じていた。

関連記事(外部サイト)