韓国外交部、台風21号で韓国人1人の軽傷被害を確認…関空での孤立者は近郊空港から帰国へ

韓国外交部、台風21号で韓国人1人の軽傷被害を確認…関空での孤立者は近郊空港から帰国へ

韓国外交部、台風21号で韓国人1人の軽傷被害を確認…関空での孤立者は近郊空港から帰国へ

台風21号が日本列島を襲い多大な被害が発生した中、韓国人1人が軽傷を負ったことが分かった。韓国外交部が5日、明らかにした。

外交部当局者はこの日、「外交部本部と日本地域の公館は在外国民保護対策班と現場状況班を構成し、自国民の被害有無をリアルタイムで把握している」とし、このように伝えた。

外交部によると、現在確認されている韓国人の被害は軽傷1件だ。駐大阪総領事館は該当国民の病院手続き・通訳などの支援を提供している。

今回の台風で関西国際空港の滑走路と連絡橋が浸水被害を受け、韓国人約50人も孤立していたことが確認された。同韓国国民らは神戸、福岡などの空港に移動し帰国する予定だ。

関連記事(外部サイト)