米・北朝鮮担当特別代表、10日に訪韓…日中韓のアジア歴訪へ

米・北朝鮮担当特別代表、10日に訪韓…日中韓のアジア歴訪へ

米・北朝鮮担当特別代表、10日に訪韓…日中韓のアジア歴訪へ

米政府のスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表が来週、韓国、中国、日本の3カ国を歴訪する。

米国防省は6日(現地時間)、先月就任したビーガン代表が来る10〜15日、ソウル、東京、北京を相次ぎ訪問する予定」と明らかにした。ビーガン代表のアジア歴訪は就任後初となる。

フォード・モーター副社長出身のビーガン代表は当初、先月末に予定されていたマイク・ポンペオ国務長官の訪朝に同行するはずだったが、ドナルド・トランプ大統領が「北朝鮮の非核化が進展していない」として訪朝を取り消した。ただし、国務省はビーガン代表が今回のアジア歴訪で北朝鮮を訪問する計画はないと説明した。

韓国外交部によると、ビーガン代表は日中韓3カ国訪問の最初の日程として10〜12日、韓国を訪問。康京和(カン・ギョンファ)外相、イ・ドフン朝鮮半島平和交渉本部長と会談する予定だ。

関連記事(外部サイト)