MERS(マーズ)疑いの英国人女性、1次検査「陰性」=韓国

MERS(マーズ)疑いの英国人女性、1次検査「陰性」=韓国

MERS(マーズ)疑いの英国人女性、1次検査「陰性」=韓国

MERS(マーズ)確診患者と同じ飛行機に搭乗していた20代の英国人女性が、MERSと疑われる症状がみられたが検査の結果、陰性の判定が下された。

陰性判定は、MERS感染ではない可能性が高いことを意味する。最終的な判定は、2次検査の結果後、確定される。

韓国の疾病管理本部は、20代の英国人女性の1次MERS検査結果、陰性判定を下したと10日、発表した。2次MERS検査の結果は、はやければこの日中に出ると予想される。

この英国人女性は、MERS確診患者と同じ航空機(エミレーツ航空 EK322便/7日午後4時51分、仁川到着)に搭乗し、韓国に入国。このため、確診患者の日常接触者として分類されていた。

その後、この女性が8日午後より発熱、咳などMERSと疑われる症状を見せ、9日、国立中央医療院に隔離され診療を受けている。

関連記事(外部サイト)