クウェート駐在”MERS(マーズ)疑い”の韓国人、検査結果は「陰性」=韓国外交部

クウェート駐在”MERS(マーズ)疑い”の韓国人、検査結果は「陰性」=韓国外交部

クウェート駐在”MERS(マーズ)疑い”の韓国人、検査結果は「陰性」=韓国外交部

中東呼吸器症候群(MERS/マーズ)と疑われる症状が出たことからクウェートの病院に入院していた韓国人が、検査の結果「陰性」だったことが10日、確認された。

韓国外交部(外務省)当局者は同日、「韓国人1人のMERS確診判定後、発熱・咳などMERSと疑われる症状が出ていたクウェート在留の韓国人が8日、クウェート現地の病院に入院。検査を受けたところ、陰性との判定が下された」と明かした。この韓国人は同日、現地病院を退院する予定だ。

MERSと疑われる症状が確認され、クウェートの病院に入院したこの韓国人は去る8日、韓国でMERSとの判定が出たAさんと同じ会社に所属し接触していたことから、感染が疑われていた。

関連記事(外部サイト)