<平壌会談>南の指導者、11年ぶりに北へ=海外メディアも一斉報道

<平壌会談>南の指導者、11年ぶりに北へ=海外メディアも一斉報道

<平壌会談>南の指導者、11年ぶりに北へ=海外メディアも一斉報道

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が18日、北朝鮮に向けて出発したニュースを海外メディアも一斉に報じている。

文大統領はこの日から3日間の日程で、平壌(ピョンヤン)を訪問。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と3度目の首脳会談をおこなう。文大統領と金委員長は去る4月と5月、板門店(パンムンジョム)で首脳会談をおこなった。

AFP通信は、文大統領が今回の訪朝で「金委員長に会い、北朝鮮と米国間の非核化交渉の活路を模索する」とし、「2000年、金大中(キム・デジュン)元大統領と、2007年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の”足跡”に沿って3日間、北朝鮮に滞在する」と伝えた。

関連記事(外部サイト)