文大統領、国連総会出席のため23日から訪米=24日には米韓首脳会談

文大統領、国連総会出席のため23日から訪米=24日には米韓首脳会談

文大統領、国連総会出席のため23日から訪米=24日には米韓首脳会談(提供:news1)

今週2泊3日の平壌首脳会談を行った韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が第73回国連総会出席のため23日から27日まで3泊5日の日程で、米国ニューヨークを訪問する。文大統領の国連総会出席は昨年に続き、就任後2回目だ。

文大統領は国連総会で朝鮮半島非核化へ向けた全世界の支持を訴え、2回目の米朝首脳会談を促すためトランプ大統領と会い、平壌首脳会談の結果を説明する。

文大統領は国連総会の基調演説、米国をはじめチリやスペインなどと2か国間会談、国連事務総長との会談、米国の国際問題専門家とオピニオンリーダーらを対象にした制作演説などの日程をおこなう。

文大統領は今回の訪問を通じて、全世界が関心を持っている平壌南北首脳会談の結果を詳しく説明し、国際社会との緊密な協力の下、朝鮮半島に平和と繁栄の新時代を開いていこうとする韓国政府のビジョンや政策、そしてわれわれの努力に対する国際社会の認識と理解を高めることで、支持基盤を幅広く拡大する計画だ。

また文大統領はトランプ大統領と来る24日(現地時間)、米韓首脳会談を行い、今回の南北首脳会談の結果を詳しく共有し評価する一方、朝鮮半島非核化へ向けた米朝対話の突破口作りと、南北及び米朝関係の善循環的な進展を遂げるための実践的な協力案を深く協議する予定だ。

関連記事(外部サイト)