文大統領、国連事務総長と会談…朝鮮半島問題に関して意見交換

文大統領、国連事務総長と会談…朝鮮半島問題に関して意見交換

文大統領、国連事務総長と会談…朝鮮半島問題に関して意見交換

国連総会に出席するため米ニューヨークを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日(現地時間)、グテレス国連事務総長と会談し、朝鮮半島問題などについて意見交換した。

文大統領はこの日午後、グテレス国連事務総長に平壌会談の結果を報告した。また、南北首脳会談、米朝首脳会談、離散家族の対面など朝鮮半島情勢に重要な変化が起こるたびに、事務総長が朝鮮半島の平和定着に向けた韓国政府の努力を支持し、国際社会の関心を構築したことに謝意を表した。

グテレス事務総長は3度目の南北首脳会談の成功などを含め、朝鮮半島の非核化と平和定着に向けた文大統領の決断と努力を高く評価し、今後も米国政府と緊密に協力していくことを強調した。

関連記事(外部サイト)