MERS(マーズ)疑いの韓国陸軍訓練兵、検査で陰性判定

MERS(マーズ)疑いの韓国陸軍訓練兵、検査で陰性判定

韓国陸軍訓練所所属の訓練兵が風邪の症状を見せるなどMERS(マーズ/中東呼吸器症候群)感染が疑われ検査を受けた結果、陰性判定を受けた。(提供:news1)

韓国陸軍訓練所所属の訓練兵が風邪の症状を見せるなどMERS(マーズ/中東呼吸器症候群)感染が疑われ検査を受けた結果、陰性判定を受けた。

韓国国防部は26日「昨日(25日)夜、診療中に中東地域訪問の事実が確認され、きょう未明、民間病院へ移して検査を実施した」とし「疾病管理本部で陰性判定し、午前9時30分から状況を解除した」と明らかにした。

また「陸軍と状況認知、すぐに一緒に生活していた訓練兵など接触者を隔離するなど措置過程で疾病管理本部と緊密に協力した」と付け加えた。

国防部は「事案の重要性を勘案し、対策会議を開き状況を点検するなど状況管理や措置に万全を期した」とし「季節の変わり目を迎え、将兵の健康管理に特別な関心を傾けていく」と述べた。

関連記事(外部サイト)