韓国海軍、日本に国際観艦式で旭日旗を掲げないよう要請

韓国海軍、日本に国際観艦式で旭日旗を掲げないよう要請

韓国海軍、日本に国際観艦式で旭日旗を掲げないよう要請(提供:news1)

済州民軍複合型観光美港(済州海軍基地)で開催される「2018大韓民国海軍国際観艦式」(10月10〜14日)海上査閲で日本の軍艦が旭日旗のもようの海軍旗を掲げないものとみられる。

26日、海軍によると観艦式企画団は先月31日、日本など参加国全体に10月11日、海上査閲時、自国の国旗を中央マストに掲揚して、太極旗をその横のポールに掲揚するのが基本原則と公示した。

海軍関係者は「公式的には該当国に公示する案内文だ」としながら「主催国で要請する事項であるため強制性があるとみなければならない」と述べた。

また「観艦式期間全体や航海中まで制約をしたものではない」とし「外交部など政府からも要請したものと聞いている」と付け加えた。

日本はこのような海軍の要請に立場を伝えていない。ただし主催国の要請に応じるのが慣例であるため、日本の自衛隊軍艦が済州海軍基地入港時も海軍旗を別途に掲げないものとみられ、国民的な問題は収まるものとみられる

関連記事(外部サイト)