トランプ米大統領、安保理で「北朝鮮は平和・繁栄を望んでいる…良い知らせに期待」

トランプ米大統領、安保理で「北朝鮮は平和・繁栄を望んでいる…良い知らせに期待」

トランプ米大統領、安保理で「北朝鮮は平和・繁栄を望んでいる…良い知らせに期待」

米国のドナルド・トランプ大統領が26日(現地時間)、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に賛辞を送りながらも、北朝鮮の非核化までに厳格な国連安全保障理事会制裁が履行されなければなければならないと強調した。AFP通信などが報じた。

メディアによると、この日、国連安保理会議を主催したトランプ大統領は冒頭発言を通して「今後数か月、数年以内に北朝鮮からとてもうれしい知らせを期待したい」としながら、「わたしが好きな金正恩(委員長)は北朝鮮のための平和と繁栄を望んでいる」と明かした。

また、「誰も知らない言論の裏で多くのことが肯定的な方式で起きている」とし、「ミサイルとロケットはこれ以上、どの方向にも発射されていない。核実験は中断され、一部の軍事施設はすでに撤去された。金委員長が取った勇気ある行動に感謝する」と伝えた。

ただし、それと共に国連安保理制裁案の忠実な履行を強調した。

トランプ大統領は「残念だが、こうした進展が続くようにわれわれは非核化が完成されるまで、国連安保理制裁を継続しなければならない」としながら、「朝鮮半島とその地域、世界の安全は完全な(制裁)遵守にかかっている」と述べた。

関連記事(外部サイト)