南北、「10.4宣言」11周年行事…平壌で来週開催を議論

南北、「10.4宣言」11周年行事…平壌で来週開催を議論

南北、「10.4宣言」11周年行事…平壌で来週開催を議論(提供:news1)

南北が盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領と金正日(キム・ジョンイル)総書記の首脳会談の結果物である10.4共同宣言の11周年記念行事を来週、平壌で開催する案を協議中だ。

南北は28日、開城(ケソン)南北共同連絡事務所で行われた南北連絡事務所長定例会議で、このような案を議論したと統一部が明らかにした。

統一部によると南北は10.4共同宣言の11周年記念行事日程を来月4〜6日で協議中だ。場所は平壌に決定したこと以外に具体的に論議されなかった。

韓国側からは約150人の代表団を構成し、記念行事に参加する案を協議中である。統一部のチョ・ミョンギュン長官を団長とし、政界関係者が相当数含まれるものとわかった。

双方は具体的な日程や行事内容などについては共同連絡事務所を通して協議を続けていく予定だ。

一方、この日の会議は韓国側の共同所長である統一部のチョン・ヘソン次官と北朝鮮側の共同所長であるチョン・ジョンス祖国平和統一委員会副委員長が出席し、午前10時から1時間45分ほど、非公開で行われた。

関連記事(外部サイト)