正しい未来党、国際観艦式に関して「旭日旗を掲揚して来るという日本こそ礼儀がない」=韓国

韓国・正しい未来党が「旭日旗を掲揚して来るという日本は礼儀がない」と発言

記事まとめ

  • 韓国・正しい未来党が「旭日旗を掲揚して来るという日本は礼儀がない」と発言した
  • また、「未来指向的な日韓関係に役立たない」として、日本に行動の自制を要求している
  • さらに、「恥ずかしい歴史を心から反省することを知らない日本」とも述べている

正しい未来党、国際観艦式に関して「旭日旗を掲揚して来るという日本こそ礼儀がない」=韓国

正しい未来党、国際観艦式に関して「旭日旗を掲揚して来るという日本こそ礼儀がない」=韓国

正しい未来党、国際観艦式に関して「旭日旗を掲揚して来るという日本こそ礼儀がない」=韓国

韓国・正しい未来党は1日、「大韓民国海軍の国際観艦式(10月10日〜14日)に旭日旗を掲揚して来るという日本こそ礼儀がない」としながら、「未来指向的な日韓関係に役立たない行動を日本は自ら慎むことを願う」と述べた。

イ・ジョンチョル報道官はこの日、論評を出し「軍国主義を徹底的に清算できない限り、日本は北東アジアと世界から決して尊重されず、拍手を受ける主導国にはなれないという点を想起させたい」として、このように明かした。

イ報道官はまた「恥ずかしい歴史を心から反省することを知らない日本の自画像は決して自身や子孫にも役立たない」と指摘。続けて「韓国国軍の丁重な要請を礼儀を欠く行為と言うのは、日本が発する言葉ではない。礼儀は傷を与えた者が言うものでない」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)