南北、JSAとDMZで地雷の撤去作業開始…軍事分野合意書の履行に努力

南北、JSAとDMZで地雷の撤去作業開始…軍事分野合意書の履行に努力

南北、JSAとDMZで地雷の撤去作業開始…南北首脳会談で署名された軍事分野合意書の履行に努力

韓国国防部は1日から軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)と江原道・鉄原の非武装地帯(DMZ)内で地雷の撤去作業を開始した。先月の南北首脳会談で署名された軍事分野合意書の実質的な履行に向けた措置だ。

国防部はこの日、「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書の実質的な最初の措置」とし、「地雷の撤去作業を出発点に9.19軍事合意が体系的且つ正常に推進されるよう、北朝鮮と相互努力する」と述べた。地雷撤去作業は20日までおこなわれる予定だ。

国防部はまた、DMZ内の「矢じり高地」での地雷撤去作業も1日〜11月30日までおこなう方針であることを説明した。

関連記事(外部サイト)