北メディア、米国に対し「終戦望まないなら、執着はしない」

北メディア、米国に対し「終戦望まないなら、執着はしない」

北メディア、米国に対し「終戦望まないなら、執着はしない」

北朝鮮の官営メディア「朝鮮中央通信」は2日、「朝米が6.12共同声明によって、新たな関係樹立を志向していくときに、交戦関係に終止符を打つのは当然のこと」としながらも、「米国が終戦を望まないならば、我々も執着はしない」と明かした。

通信はこの日、「終戦は誰かが誰かに与える贈り物ではない」とのタイトルで記事を掲載。この中で、米国の朝鮮半島専門家の展望などを指摘しながら、米国に対し、問題を提起。

また、米国が終戦宣言に応じるためには北朝鮮から核計画の申告と検証、核施設およびミサイル廃棄などを得られなければならないとする専門家の主張について「とんでもない詭弁」と非難した。

関連記事(外部サイト)