国連軍司令部、「休戦協定の精神・南北合意に基づきJSA地雷撤去を承認」

国連軍司令部、「休戦協定の精神・南北合意に基づきJSA地雷撤去を承認」

国連軍司令部、「休戦協定の精神・南北合意に基づきJSA地雷撤去を承認」(提供:news1)

国連軍司令部が南北の板門店(パンムンジョム)の共同警備区域(JSA)地雷撤去と関連し「国連の休戦協定の精神と最近結ばれた包括的な南北合意に基づき、地雷撤去作業を承認した」と明らかにしたと米国の声(VOA)放送が3日(現地時間)報道した。

国連軍司令部の関係者は最近開始された南北間の地雷撤去作業をどのように評価するのかという記者の質問にこのように答えたとVOAは伝えた。

国連軍司令部の関係者は「在韓米軍は(撤去作業中に)非常事態が発生した場合、迅速に対応するために航空医療搬送の準備をはじめとする支援を行う」とし「JSAの国連軍司令部管轄地域の地雷撤去は韓国軍の技術者らが実施する」と述べた。

同関係者は「国連軍司令部は韓国と北朝鮮との間でおこなわれている外交的な努力を支持している」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)