米国務長官の訪朝、予想より早いと肯定的立場も「成果は未知数」=韓国大統領府

米国務長官の訪朝、予想より早いと肯定的立場も「成果は未知数」=韓国大統領府

米国務長官の訪朝、予想より早いと肯定的立場も「成果は未知数」=韓国大統領府(提供:news1)

韓国青瓦台(大統領府)は3日、米国のポンペオ国務長官の来る7日の訪朝が確定したことに「予想していたより早く訪朝するという点から肯定的な側面があると思う」と期待を示しながらも「成果は未知数」と言葉を慎んだ。

青瓦台の関係者はこの日午後、春秋館で記者らにポンペオ長官の予想より早い訪問に肯定的な立場を表しながらも、「北朝鮮と米国間の見る観点の違いが明らかにあるため、どの程度の成果をあげられるのか依然として未知数」と述べた。

関係者は今回のポンペオ長官の訪朝確定は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の努力が少なくなかったと評した。

関係者は「消えかかった火種を大統領の平壌訪問とニューヨーク訪問でよみがえらせた。それ事体、成果を挙げたと判断している」とし「ポンペオ長官の訪朝で70年という敵対と不信の歳月が解消することを願っている」と述べた。

また関係者は、ポンペオ長官が7日訪朝後、文大統領と康京和(カン・ギョンファ)外相との会談が予定されている中、会談日時は8日と予想されると伝えた。

関連記事(外部サイト)