インドネシア・スラウェシ島パル地震で韓国人1人の遺体発見…宿泊先の倒壊したホテルから

インドネシア・スラウェシ島パル地震で韓国人1人の遺体発見…宿泊先の倒壊したホテルから

インドネシア・スラウェシ島パルを襲った地震で韓国人1人の遺体発見…宿泊先の倒壊したホテルから

先月28日(現地時間)インドネシアで発生したマグニチュード(M)7.5の地震により連絡が途絶えていた韓国人1人の遺体が発見された。

4日、外交部によるとこの日午後2時50分ごろ(日本時間の午後3時50分)、インドネシア・スラウェシ島パルを襲った地震で行方不明となったバリ在住の韓国人1人が宿舎ロアロアホテルの残骸から遺体となって見つかった。

外交部当局者は遺体の特徴から行方不明者本人であることを確認し、パル内の警察病院に安置する予定だ。

遺体で発見されたのはパラグライダー協会の関係者で、大会に出場するため現地を訪れていた。宿泊先のロアロアホテルは地震によって倒壊した。

関連記事(外部サイト)